読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

0から始める 受験英語習得術

英語でなかなか結果が出せない。なぜ結果が出せないか、そこには多くの人が陥りやすいある落とし穴があるのだ。その落とし穴に落ちたのはあなたが悪いわけではない。今の教育環境そのものが落とし穴へと導いているのである。

#1 受験英語を0から学びに来た皆さまへ!!

トップページ

 

⒈ はじめに

 

このサイトは、

 

”英語を一から学びたい!!”

”どうやって勉強したらいいのかわからない!!”

 

という人のために作ったサイトである。

 

 私は学生の頃の自分に主要五科目の中で最も苦手な教科は何かと聞かれたら真っ先に英語と答えていた。

 

なぜ苦手かって?

 

 

そんなのできないからに決まってるだろ(笑)

 

英語は数学と違ってやればやっただけ点数にならないし、暗記量は多いし、何より達成感がない(←達成感は人それぞれですが、その他は間違いです!!)

 

その後も、相変わらず英語はものすごく苦手な教科だったが、

 

単語をがむしゃらに覚え、とにかく例文を覚えまくったおかげで学校の定期テストでは毎回そこそこの点数を取れていた。

 

もちろん学校の先生は自分のテストで点を取ってくれる生徒は褒める。

 

しかし、、、

 

高3に近づくにつれ全国模試の頻度も高くなっていくとふとあることに気づく。

 

模試ではいつも偏差値が40台、酷いときは30台のときもあった。

 

そんな負の感情を抱きながら気づいてみれば高3になり、私も渋々塾に行くことになった。そこでT先生(恩師)に出会ったのであった。

 

T先生の最初の授業を受け終わったと同時に私は大きなショックを受けた。

 

そこには2つのショックがあった。

 

 一つ目は何といってもやっと真の英語を知れたという嬉しさ。

 

二つ目は今までの勉強はすべてムダだったという絶望だった。

 

 本物の英語の勉強法を知ったその後の私は言うまでもないがあえて言うなら、、、

 

 

快進撃の始まりである!!

 

⒉ 本サイトに出会った皆様へ

英語という教科は、

 

”もともとの才能”、”英会話をしてきたか否か”

 

そんなことは、「まず、関係ない!!」といえる科目なのだ。(←英語と比べたら数学の方がよっぽど才能に左右される科目といえよう。)

 

しかも、受験英語に関して言えばなおさらである。要は真の英語を知ってるか知っていないかである。

 

また、本サイトの目標は”真の英語を習得すること”に限る。

 

さらに言えば、これを習得してしまえば、

多くの先生(詐欺師)が使う「これはイディオムだよ!暗記しよう!!」と言うまやかしの言葉がどれだけ生徒をバカにしているかわかるであろう。

 

自分を過小評価しているような人のために念のため付け加えると

 

「真の英語を習得することは一握りの人ができるものではなく誰でもできるものである!!」

 

と断言しておくとしよう。

 

さて、君たちは詐欺師によって様々な嘘っぱち英語概念をうえつけられていることであろう。私は君らのわからない英語概念をことごとく壊して行くこととしようではないか。しっかりついてきてほしい!!

 

⇒次回、第Ⅰ章:何よりもまず最初にやること!!

 

※今までの英語記事のまとめたページがございますので参考にどうぞ!!

⇒”真の英語習得への道のり”